就職面接で聞かれる質問について

就職面接の終わりによく聞かれる事に、何か他にありますかという質問があります。あと少しで就職面接も終了するという気の抜けかけたタイミングでこの質問があると、多くの人はもうありませんと回答するようです。質問をしないとことは大きなチャンスを逃していることに気づかなければなりません。実は質問には自分をアピールできる最大のチャンスが隠れているのです。

会社のことや職務内容について、広く業種全般のことについてなと、求職者の関心がどこに向いているかに会社は感心があります。どれだけ内容の濃い具体的な質問をするかで、求職者の志望する意思の高さを判断するのです。特にありませんという回答は一番評価が低くなるので絶対に避けなくてはいけません。あまりにも一般的で平凡な質問も、かえって印象が悪くなるので注意しましょう。会社側はどんな質問をしてもいいという形を取って、相手の考えを広く見定めようとしているのですから、ここぞとばかりに気概をアピールしていきたいものでしょう。

実際の商品名やサービスを挙げながら、気になる点を聞いたり、新聞やニュースで取り上げられた会社に関連する具体的な話題を例にしながら、疑問に思うことを質問しても良いでしょう。自分はどう考えているかを合わせながら質問をすることで、就職面接の効果を高めることができます。就職面接では、最初から最後まで自分を相手に売り込む時間だと考えてください。基本的には就職面接では聞かれる立場に立ちますが、質問の機会があれば積極的に捉えていきましょう。